コンサルタントは必要?

私は(自称)コンサルタントです。

でも、コンサルタントって・・・実はどんな仕事なのかなと、ふと思います。

【 wikipedia 】による解説によれば、

コンサルタントは一般に、顧客が抱える何かしらの課題を解決する方策を提供している。

優秀とされるコンサルタントは、インファレンス能力(推論する能力)に優れている人

が多いことを示すデータがあるともされる。 ・・・とのことです。

 

「課題を解決する【方策】を提供」するであるから、課題を直接解決してくれるのとは

違うわけで、要するに、方法をアドバイスしてくれる人だという事になるのだろうか?

だとしたら、その方策でいくか否かを決める(決裁)人も、やる人(実行者)も、別人

となる訳ですね。

 

私は技術者経験のある提案型営業マン時代が長く、その経験を活かして現在のコンサル

ティングをさせていただいておりますが、現在は技術者でも営業マンでもありません。

それでも、何故お声がかかるかと言うと、意外と色々な事を知ってるんだという事で、

相談役として重宝されている場合が多いようです。

 

勿論、クライアントが抱える課題は多岐に渡りますが、詰まるところ、お金の問題・

人の問題・物の問題(商品やサービス)に尽きると思います。例えば、営業の売上が

上がらないという経営上の課題ですが、根本的には、売る人の問題か、売る物に問題

があるかのどちらかです。でも、これで売れるはず・・と思い込んでいる為に結果に

繋がらない事になる訳です。改善方法を指南して欲しいはずのクライアントが、改そ善

の意思が無いまま、仕舞いにはあんたも営業して欲しいと言わんばかりの要求をし、

コンサルタントが呆れてしまうケースも見てきました。


コンサルタントに話を戻すと、これまでのコンサルタントのイメージは、私の知る限

りプレミアムな履歴書がベースとなって、やたら難しいことを言ってくる・・

こちらは、それが理解できないので高度な事を教えてくれるのだろうと錯覚し、結果、

高額な報酬を支払うけれど、成果には至らない場合も起こったりします。


資格を必要として、そのうえでなければ業務が行えないような特殊な場合を除いては、

コンサルタントで大事なことは要するに以下のような事であると考えています。


1.結局のことろ、クライアントが何を求めているのか知ること。

2.その為に、何をチョイスし何も以て成果とするか決める助言ができること。

3.決めたことの進捗を管理し、確実に成果に向かうよう時に補助修正すること。

4.成果を約束すること。


これを果たすには、気が利いた人でなければならないと思っています。

ちょっと考えると、好きな人にクリスマスプレゼントをする時のプロセスに似てます。

だから、「気が利く」ための最大のポイントはクライアントを愛せるかどうかです。

愛なきコンサルは、金と時間をむさぼり無駄にして、最後は詐欺師と同じです。

これまでに掛かった時間とお金を返してください・・と言いたくなるでしょう。


愛の薄い時代だからこそ、愛のあるコンサルタントが必要不可欠です。

勿論、お互いビジネスでのお付き合いな訳ですから報酬も折り合いが必要でしょうが。


ことろで、なんでも屋さんをご存知でしょうか?

ある人物が(コンサルを目指して)商売を始めました。月額数万円から数十万円で契約

したかったのですが、契約が取れず、ヤケクソで、1000万円/年契約でその代わり

何でもしますと訴えたところ仕事が舞い込んだという話があります。仕事の内容も悪い

ことでも怖いことでもなく、相談役としての仕事だったそうです。


コンサルタントなんて偉そうな事を言っても、事実、なんでも屋さんです。

というか、なんでも屋さんでなければ本当の意味で役に立てるパートナーとは認められ

ないのがコンサルタントなのでしょうね。


振り返ってみると、私は小学校2年生の時に、大人になったら何でも屋になろうと真剣

に思っていたことがあります。子守り、掃除、お買い物、お話相手、犬の散歩 等々・・

いま改めて思えば、少し形は違うけど、子供の頃の夢が叶ったのかなと感じます。

0コメント

  • 1000 / 1000