コンサルタントを雇うメリット

http://selectconsultant.net/merit/  リンク引用です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コンサルタントを雇うメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

それを考える前に、まずはコンサルタントの必要性を考えてみましょう。


日本の企業は、いまや終身雇用制が崩れ、企業の変化速度はかなり速くなっています。

景気も減速状態が続き、経営が苦しい企業が多いのが実態です。

そんな中でも企業は生き続けていかなければなりません。

そんなときに役に立つのがコンサルタントです。


日本では、社内の問題は全て社内で解決しようという風潮が強いようですが、最近は

第三者の立場としてコンサルタントを入れて、専門家の目から効率的に問題解決を図る

企業が増えてきています。特に、ITなど専門的な分野については、コンサルタントにお

願いした方が早い場合が多々あります。外部から人を入れることに躊躇する経営者も多

いようですが、新しい風を入れることによって、会社の業績が大きく変わる可能性があ

ります。


また、大きな問題がないと思っていても、会社の状況が思わしくないならば、コンサル

タントに定期的にチェックしてもらうのもおすすめです。起業の置かれている状況など

を専門家の目で客観的に見てもらうことで、チャンスやタイミングを逃したり、悪い方

向にいかないように食い止めることもできます。


外部の人間にいろいろ言われるのは嫌だという経営者もいるかもしれませんが、どうし

ようもない自体になってしまっては遅いですから、このようにコンサルタントの声に耳

を傾けることも重要となります。また、コンサルタントというと、大企業だけの話とい

うイメージがあるかもしれませんが、コンサルタントに関して、企業規模の大小は関係

ありません。


10人くらいでのある程度の規模になれば、経営者が全てを把握できているということは

少ないはずです。また、中小規模の会社こそ、社員同士の距離が近すぎて、言いたいこ

とが言えなかったり、問題点が指摘できなかったりということもあります。特に中小企

業の場合は、小さなミスが命取りになることも少なくありませんので、大々的なコンサ

ルティングでなくでもいいので、定期的に会社の状況を相談したり、改善提案をしても

らうなどのアドバイスを受けておくと、大きな問題にぶつからなくて済むかもしれませ

ん。今やコンサルタントを雇うのは、ある意味で一般的になってきています。


コンサルタントを雇うメリットはたくさんありますので、これまでコンサルタントを雇

ったことがなく、会社の状況が思わしくないという方は、一度コンサルタント導入を検

討してみてはいかがでしょうか。


※大変重要なコメントだと思いました。


0コメント

  • 1000 / 1000